DMEメソッドはカランメソッドの進化系?知ると面白い歴史を考察

英語の豆知識

カランメソッドはよく聞くけど、DMEメソッドって何?カランメソッドと何が違う?という疑問を持っている人も多いかと思います。

DMEメソッドは、英語習得のための一種の勉強法で、最近まで注目を集めていたカランメソッドよりも、より今の時代に沿ったメソッドです。

英会話学習の勉強法は、いくつものメソッドが確立され時代と共に淘汰・発展を繰り返してきたのですが、その歴史背景を探ってみると意外と面白かったので、DMEメソッドがどういうものかと合わせて紹介します。

メソッドの歴史

DMEメソッド は、2007年ダイレクトメソッド(直接教授法)と呼ばれるカランメソッドを基本に作られ、世界で1000校以上のスクールが導入しているカリキュラム。

 ダイレクトメソッド?

19世紀初頭まで主流だった訳読法メソッドにとって代わり、発展していったのがダイレクトメソッドで、母語(日本人なら日本語)を一切排除して、英語だけを使って習得するという教え方。

幼児が自然に母語を覚えるように、動物、乗り物など、実体験・事柄を通して、直接脳に教え込むことを基本にしていますが、これを主流に、いくつかのメソッドが作られます。

その中で日本でも有名なものがカランメソッドやベルリッツメソッドです。

訳読法は、簡単に言えば目標言語を母国語に訳し、一つ一つの言語を理解していく手法。

ライティング、リーディングを中心に母国語に一度変換するので理解しやすいですが、学習時間が長くなってしまうことと、リスニング、スピーキング能力がつきにくいというデメリットもあります。

時代が進み、コミュニケーション能力が重要視されるにつれ、訳読法メソッドは衰退していき、これに代わるメソッドが発展していくことに。

それがダイレクトメソッドです。

ダイレクトメソッドで最初に提唱されたのが、ベルリッツスクールの創始者であるベルリッツが、1898年にドイツ語の教授法として開発したベルリッツメソッド。

その理念は、外国語学習は、幼児の母国語習得と同じ過程を辿るべきというもので、ベルリッツスクールを中心に世界中で採用されていくことに。

 ベルリッツメソッドの学習法

訳読法の学習目標は、ひと言でいえば読解力。

なので、教材はノート・辞書、使う能力はリーディング・ライティングの比重が大きく、多数の生徒に同時に教えるのには適していたのですが、話すための能力を向上させるには向いていませんでした。

反対に、ベルリッツメソッドの学習目標は話すこと。

母国語を一切排除し、絵カードやジェスチャーを使い、なるべく母国語を習得するのと同じように「聞く」「話す」「読む」「書く」の順で指導し、話すために必要なリスニング・スピーキングを重点的に向上させることが目標です。

カランメソッドは、1960年に、イギリスのベルリッツスクールで講師をしていた、ロビンカラン氏が開発したものですが、カランメソッドについては、別の記事に詳しく載せているのでそちらを参考にしてください

英会話初心者でもカランメソッドを選ぶべき!英語で英語を考えるクセを身につけよう!

オンライン英会話こそカランメソッドを選ぶべき!思考のブラッシュアップ!

 DMEメソッド とカランメソッドの違いは?

DMEメソッドは2007年に、カランメソッドを使って指導していた講師たちが、それをベースにブラッシュアップしたメソッド。

比較的新しいメソッドで、このメソッドの特徴は3~4年に一度、時代にあわせ、古くなった表現や単語をそぎ落として、メソッドのアップデートが行われることです。

学習方法は基本的にはカランメソッドと変わりません。

講師が2回質問して生徒が答える。

DMEメソッドはこれに加え、生徒からの質問ができるスタイルも取り入れており、またカランメソッドに比べると少しゆっくり進行します。

文法習得にも対応し、初心者にも受けやすいというのがカランメソッドとの違いといえるでしょう。

下の動画は、カランメソッドとDMEメソッドのレッスン風景なので、比べてみてください。

ネイティブキャンプ カランメソッドのレッスン

DMEメソッド のレッスン

 初心者でも大丈夫?

カランメソッド・DMEメソッドどちらにもメリット・デメリットがありますが、共通して言われていることがあります。

「初心者にはついていけない勉強方法」ということ。

これは本当にその通りで、速くて考える時間もないのだからそう感じるのも当たり前です。

ですが、私の経験から言わせてもらえば、ついていけなくても構わないと思っています。

ほとんどのオンライン英会話では1レッスン25分で、毎日受けても月にすれば13時間程度。

加えて通常のレッスン内で自分が話す割合は良くて5~6分で、それだけの時間で喋れるようになるわけがありません。

英語学習初心者に一番必要なのは、英語を話したという自信と充実感です。

勿論、ついていけないと気落ちもするでしょうが、レッスンが終わった後の、くたくたになった疲労感と充実感もカランメソッド・DMEメソッドだからこそ。

1~2ヶ月経つ頃にはきっと効果を実感できるようになるので、それまでは何とかモチベーションを保って受け続けてみてください。