学びたいものがきっと見つかる!Udemyが世界の教室を開く!

知って得するサービス

ついに来た!」

いつかこういうサービスができればと感じていた私が、Udemyを知って一番最初に思ったこと。

教えたい人と学びたい人を繋げるCtoCのオープンプラットフォーム。

言葉にしてしまえば簡単ですが、オープンプラットフォームを使ったビジネスモデルとしては、これほど先進的で画期的なシステムは今までなかった!

このサービスを利用すれば、教えたい人・学びたい人、どちらにとっても、これまでの学習に関するあらゆる面が有利に働き、それどころか、オンラインにしろ、通学型にしろ、これまでのスクールに通うという概念さえ無くなるかもしれません。

ではどんなサービスなのか?

何かを教えたい、学びたいと考えている人には、うってつけなので、是非覗いてみてください。

Udemyって?

 

講師側が用意した動画によるレッスンコースを、必要な時に必要な分だけ受講できるオンデマンド形式。学ぶ側はいつでも好きなコースを、お金を払って受講でき、そのレッスンを作った講師には報酬が入るシステム。

コースはかなり細分化されており、従来のスクール型と違い、ピンポイントで自分が学びたいことを学べます。

事前にそのレッスンに対しての評価、プレビュー動画でどんなレッスンなのか確かめることもできるので、受け損なんてこともないでしょう。

レッスン料は、レッスンを作った講師の自由裁量になりますが、大体1万円~3万円で、中には3,000円というのも。学習期限は無いので、一度購入してしまえば何度でも見返すことができるのも嬉しいシステムです。

誰でも自分のスキル・知識を売り込める

何度も言って申し訳ないですが、これは本当に画期的なシステムです。

本来なら、人に何かを教えるには、資格・試験という、決して低くはないハードルを越える必要がある。これは、こうするより他に、講師の質と信用を担保するすべが無かったからです。

ですが、オープンプラットフォームを用いた「Udemy」のシステムなら、レッスンは自動的に競合化が図られるし、質と信用を判断するのは、面接官や資格証明書ではなく、あくまでユーザーなので、誰でも教える側になれます。

勿論、門戸が広い分、内容勝負の実力主義の世界ですが、どんなにニッチな分野であっても、誰にだってこれだったら教えられるというものはあります。むしろ、ニッチな分野こそ、Udemyが活かされるといってもいいです。

採算の取れない、需要が少ないという理由で、ニッチなジャンルのスクール化はどうしたって難しく、学びたいけどスクールが無くて学べなかったという人も多かったはずです。

 レッスンコース作成を1から学べる

自分でレッスンを一から作るのは、難しそうというイメージを持つ人も多いかもしれませんが、Udemyには、そのためのプログラムが用意してあります。

レッスンを作るための「レッスンコース」と言えるほどに、カリキュラムとして成立しており、目標設定から、紹介ページの作成・価格設定など、分からないことがあればその都度フィードバックしてくれます。

レッスンコースが作成できたら、最後にUdemyによる審査があり、動画は最低でも30分以上のレクチャーが5つ必要、その他音声・画像品質、レッスン内容自体の品質など項目をクリアしているかチェックされ、それをパスできれば、リストに載せることができます。

講師の収益は、ほとんどが25%で、ユーザーの購入形態によって50%になることもあるとのこと。

 学びたいことがきっと見つかる

55,000以上のコースがあるUdemy。

web関連・語学・生活に役立つスキルなど、上げればきりがないほど、あらゆる分野のレッスンコースが用意されているので、「習いたかったけどスクールが無かった」「習い事をしたいけど興味があるものが分からない」という人も、きっと見つかるはずです。