ついに車もフリマに!UllOウーロで愛車の値段を自分で決めて売ろう!

知って得するサービス

自分の車の売却価格に満足していますか?

もしかしたら、売却価格が低くて、新しい車に変えるのを諦めている人も多いのではないかと思います。

車を売るということは、そう何度も経験することではありませんが、決して安い買い物ではなかったはずですので、なるべく高く売りたいというのが心情でしょう。

ですがもし、車の売却価格を自分で決めることができ、その値段の通りに売れたら?

それを実現したのが「フリマ型車買取サービスのUllo(ウーロ)」というサービス。

ここでは、どんなサービスなのか、詳しく紹介していきます!

 

目次

UllO(ウーロ)って?
売却価格を自分で決められる!
フリマやオークションと何が違う?
実際に希望通りに売れるのか?

 

UllO(ウーロ)って?

ウーロは、車を売りたい人が、買取業者や査定業者を介さず、車を出品することができるサービス。

一般的な買い取り・下取りの場合は、買取価格は査定に基づいて買取業者が決めるものですが、ウーロでは、自分の車の売却価格を自分で決めることができます。

ウーロでは・・・

 

売却価格を自分で決められる!

普通、車を売るときは査定に出す前に、自分の車がどの程度で売れるか調べると思いますが、ほとんどの場合、査定に出すと相場よりも低く見積もられてしまいます。(装備品や傷の具合で変動するので)

かと言って、実際に現物をみてもらって、その情報を一括査定サイトに上げてしまうと、信じられないほどの買取業者から連絡が・・・。

こういった車の売却に関わる不安や手間を払拭できるのが、ウーロの売却価格設定。

自分の車の相場を調べて(これはウーロでも調べることができます)、それを参考に設定、後はその価格で買い取ってくれる業者が現れるのを待つ!

これだけです。

因みに、ウーロで相場を調べると「一般的な買取相場」と「ウーロでの買取予想価格」2種類を提示してくれます。

 

一般的な相場より高く売れる!

 

販売店と自分との間に業者が入らないだけで、40%~50%も買取価格が上がるともいわれており、実際、ウーロでも一般的な相場価格よりも「ウーロでの買取予想価格」のほうが高いです。

価格を決めるポイントは、車を売ることにそれほど急いでいないのなら、強気の価格設定をして置き、急いで売りたいなら、相場と同程度の設定が良いのではないかと。

システム自体は、フリマやオークションと同じなので、だったらそれを使えばいいのではと思うかもしれませんが、この点においても、ウーロを使う利点があります。

 

フリマやオークションと何が違うのか?

実際にフリマやオークションを利用するなら時間とお金が必要です。

個人間での売買の場合、名義変更・車庫証明は自分で行う必要があります。自分でやったことがある人は分かるかもしれませんが、警察署や市役所への申請と、かなりの手間がかかります。

その上、オークションに出品しようとするなら、代行手数料や出品料というお金も掛かります。

ですが、ウーロでは、フリマやオークションのシステムを利用しつつ、手続きはすべて販売店が代行、出品手数料も無しという、いいとこどりのサービスを提供しています。

 

実際に希望通りに売れるのか?

ウーロの買取実績をみると、買取が成立している車のほとんどが、相場かそれ以上の価格で売却されています。

勿論、オークション・フリマ方式を採用している以上、売れないというリスクは孕んでいますが、もともと手間も出品料もかからないリスクゼロであるなら、先にこのサービスを使って、売却を考えても遅くはありません。

自分の納得のいく価格で売ってこそ、大事に乗ってきた甲斐があるというものです。

気持ちよく、次の愛車に思いを馳せるためにぜひ利用してみてください!

ホームページじぶんで車の値段が決められる!【フリマ型車買取サービスのUllo(ウーロ)】