あなたのライティングが劇的に変わる!?「WritersBox」を実際に使ってみた感想・評価!

アフィリエイト, 知って得するサービス

サイト作成やセールスレターの手間と時間の大部分を占めるライティング。

ここでちょっと想像してみてください。

もし、1記事2時間・3時間掛かっていたものを、1/2・1/3に減らすことができれば何ができるのか?

仮にサイト完成までの目安が100記事だとするなら、1記事1時間減らすことができれば、100時間もの時間が浮くことになります。

100時間です!

それだけの時間をアイデアや情報収集に回す、もしくは記事の更新頻度を上げることに使えば、サイト完成までの時間を大幅に短縮できるでしょう。

それを可能にできると登場したのが「Writers Box」。

Writers Boxを使えば、「時間が掛かりすぎる」「書き方が分からない」といったライティングに関わる時間と手間を、大幅に削減することができるとのことですが、実際はどうなのか?

使ってみた感想なども合わせて、どんなサービスなのか紹介します。

目次
 

 

WritersBoxとは?

writersboxは、ライティングを徹底的に効率化するための、いわゆる高速化ツールです。

膨大なテンプレートが見れる、ヘッドラインやクロージングに分けられた各部位を、ドロップ&ドラッグで簡単に位置を入れ替えることができる等、ライティングの効率化を図るための機能が数多く組み込まれています。

といっても、概略だけではいまいちピンとこないかもしれませんので、実際に使っている使用感も含めて1つずつ機能を説明していきます。

豊富なテンプレートを自由に組み合わせることができる!

WritersBoxには、美容品のセールスレターから企業のプレスリリースまで、あらゆる種類のテンプレートが用意されています。

全体的なテンプレート集だけでなく、ヘッドライン・ボディなどの各パーツごとのテンプレートもあるので、自由に組み合わせてオリジナルテンプレートを作成することもできます。

本当はここで、いくつかのテンプレートを紹介したかったのですが、そのまま載せるわけにはいかないので、どんな種類のものがあるかだけ紹介します。

  • ECサイト商品紹介
  • スクール・セミナーのプロモーション
  • メルマガでのキャンペーン告知
  • 美容系のランディングページ
  • ノウハウ系のメルマガ
  • 店舗紹介のホームページ
  • 新規事業のプレスリリース

これらを細かいジャンルに分けた「ホテル」「英会話」「webノウハウ」「美容品」等の良く使われる案件のテンプレートは1通り揃っています。

ニッチな分野に関してですが、もし見つからないとしても、パーツごとのテンプレートを並べ替えれば十分流用できるレベルです。

 

文章構成を考えなくていい!

文章構成は、ほとんど考える必要がありません!

普通は記事を書く前に構成を決めますが、「商品紹介だからトップにメリットを持ってきて、比較・優劣性の証明・・・etc」「ノウハウ記事なら問題提起から始めて結論、ハウツーの後に・・・etc」と毎回考えるのは、はっきり言ってものすごく面倒くさいです。

ライターズボックスには、100種類以上のテンプレートがあり、テーマにあったものも見つけ易いでしょうし、無くても自分で各パーツのテンプレートを並び替えて使い回すこともできます。

実際に私は、商品紹介・ハウツー系のテンプレートをいくつか作成し、それを使い回すようにしています。

写経モードで執筆作業をラクに!

画面を2つに分割して執筆作業ができる写経モード。

使ってみると、確かにこれは便利です。

参考書や資料と見比べたり、パソコンの画面分割機能を使ったり、私自身もタブレットに参考記事を表示させて書いていたことがありますが、そんな面倒な事とはさよならです。

左側にテンプレートや参考にしたい記事を見ながら執筆できること・各パーツはドロップ&ドラッグで位置の入れ替えができることなど、ライティングには最適なシステムで、1度慣れてしまうと、ワードプレスで書くのが不便に感じるかもしれません。

作成したものを売買できる

ライターズボックスは、CtoCのプラットフォームの役割も果たしており、あなたが作成したファイルをマーケット内で売ることもできます。

  • 販売価格の自由設定
  • 画像挿入

料金プラン

ライターズボックスには無料・有料2つのプランがあり、使えるテンプレートの数に差があります。

  無料プラン 有料プラン
料金  無料  1,980円
テンプレートの数 10 100以上
パーツテンプレート 100 1000

 

実際にテンプレートを参考に記事を書いてみる!

writersboxで記事作成がどれほど短縮できるのか?

分かり易くお伝えするために、できるだけテンプレートの構成通りに手を加えないで、ライターズボックスに関しての記事を書いてみました。

ここから


 

このツールはあなたのライティングを劇的に改善する!

ライティングにかける無駄な時間はもう必要ありません。

ライターズボックスを使えば、ライティングを驚くほど簡単に高速化してくれます!

ライターズボックスでライティングが飛躍的に高速化する3つの理由

(1)様々なテンプレートが用意されている
あなたのサイト目的に合ったテンプレートが用意されており、それを基本に少し手を加えるだけでオリジナル記事になる

(2)エクステンション

GoogleChromaの拡張機能を使えば、ブラウザに表示されている文章をそのまま切り抜き、ファイルとして保存でき、参考にしたいときはいつでも開くことができます。

(3)写経モード
画面を2画面に分割して比較しながら、執筆できる写経モード。よく読まれている記事やライターズボックスのテンプレートを参考にしながら記事を書くことができます。

ライターズボックスが選ばれる理由

記事やセールスレター作成にはどうしても時間がかかります。

アイデアに行き詰ったり、構成がスムーズにいかなかったりと、もう少しスムーズに書きたいと思ったことは1度や2度ではないでしょう。

ですが、ライターズボックスを使えば、ライティングに関わるあらゆる問題を、劇的に改善してくれます。

膨大な数のスワイプファイルは、アイデアに困ったあなたにインスピレーションを与えてくれるでしょう。

ヘッドライン・見出し・ボディと各パーツは細かく分けられ、ドロップ&ドラッグでマウス1つで構成を入れ替えることができます。

写経モードを使えば、トップに躍り出る記事と自分の記事はどこが違うのか容易に比較でき、良質なコンテンツ作成には欠かせないツールだと思ってもらえるはずです。

2か月分無料!月額3,980円

ライターズボックスには無料プランと有料プランの2つがあり、違いはテンプレート(スワイプファイル集)の数です。

無料プランは僅か10程度の数しかありませんが、有料プランではテンプレートは100以上、パーツごとの数では1,000を超えるパーツテンプレートが利用できます。

無料お試しレッスンのお申込みはこちら (リンク貼る)


ここまでがテンプレートを参考にして書いた記事。

参考までに書いただけなので、文字数にして約1,000文字ですが、所要時間は僅か10分。

見出し部分は名前を入れただけですし、見出しに関わる各コンテンツ内容は、パーツごとのテンプレートに少し手を加えただけです。

この記事自体も、3,000文字程度の記事ですが、30分程度で書くことができました。

ライターズボックスは使える?使えない?

ライターズボックスのキャッチコピーが、ライティングを劇的に高速化するとなっている以上、中途半端な効果では使う気がしないというのが本音でしたが、使ってみた感想は、確かにこれは使えるツールであると感じました。

まず、テンプレートですが、これはサイトのジャンルによってかなり意見が分かれるのではないかと思います。

物販系やハウツー系のサイトなら当てはまるテンプレートは多いですが、レビュー系や時事・話題などのジャンルを扱っているなら少なく感じるかもしれません。

ただ、それを差し引いても使うメリットはあります。

上でも少し書きましたが、自分のサイトにあったテンプレートが無くても、自分で作成すればいいですし、1度作成してしまえば使い回すこともできます。

何より、ツールとして使うだけでも、充分ライティングにかかる作業は減ります。

写経モードや、ブラウザに表示された文字をそのまま切り取り保存できるエクステンション機能等、執筆環境としては最高のツールです。

どうしてもテンプレートが欲しいという方は、1度有料プランで利用してファイル集を全部ダウンロードして無料に切り替えるという手もあります。

無料プランでも、ほとんどの機能は使うことができるので、まずは使ってみてください。

公式サイト➡ライターズボックス