読んでもらえる!あなたの記事が生まれ変わるライティングのコツ!

SEO, アフィリエイト

 

「読んでもらえない…」「書くのに時間が掛かる…」

この記事は、ライティングの問題に悩んでいる方向けに、なるべく分かり易く実践できるように紹介しています。

ライティングは、サイト作成目的を達成するためには最も重要な要素です。

仮に、記事1つに100人のアクセスがあったとします。

その記事を最後まで読んでくれる人が、1人と10人では成約率に大きな差が出るのは容易に想像できるでしょう。

何より、1人に読んでもらえる記事を10個書くよりも、1つの記事を10人に読んでもらえるような書き方をした方がよっぽど楽です。

読んでもらえない苦しさより、読んでもらえる楽しさを。

書き方と構成を少し工夫するだけで、あなたの記事は生まれ変わります。

目次
ライティングは重要?
1,読了率とは?
2,ライティングはランキングを決める直接の要因にはならない
3,ライティングの間接的な影響
webライティングで重要なこと!
1,始めに構成を考える!
1-1文章構成の基本
2,topパートでなるべく情報を与える!
3,bodyはストレスを感じない文章を!
3-1読者の目に入る文量
3-2専門用語の多用
3-3多すぎる選択肢
endパートでは記事の概略を!
アフィリエイト記事の書き方!
1,TOPパートでは読者に未来を想像させる!
1-1読者の欲求の意識化
1-2商品がターゲットにしている人の欲求
2,bodyパートでは信用を!
3,ENDパートでは読者を興奮状態に!
3-1新たなベネフィットの提供
3-2クロージング
3-3CTA
ライティングのまとめ

ライティングは重要?

ライティングは、SEO対策・キーワード選定と同じぐらい重要です。

ただ、ライティング技術が本当にサイト作成目的に効果があるのか、明確な数字で表しにくいので、懐疑的になるのも分かります。

なので、ここではライティングによる効果を立証しやすい、読了率を使って解説します。

読了率とは?

アクセスしてくれたユーザーが、どの程度記事を最後まで読んだのかを表す指標を読了率と言いますが、このパーセンテージが低いほど、ユーザーの目的あるいは欲求を満せていないということになります。

もう一つ、スクロール率というものがあり、これはユーザーがどのあたりまでスクロールしたかを表す指標です。

基本的にユーザーはよっぽど差し迫った理由がなければ記事を最後まで読みません。

マイナビニュースより

これは読了指標を測る「READ」を使っての、5つのメディアタイプごとのベンチマークですが、いかにユーザーが最後まで読んでいないかが分かります。

勿論、コンテンツの内容によっては大幅に変化することもあるので、丸ごと参考にする必要はありませんが、読了率がサイト作成目的の達成に大きく影響することは事実です。

例えば、500PV/1日ある商品紹介ページで、成約率(CVR)が1%なら成約まで至ったのは5人ということになりますが、仮に、この時の読了率が30%だとした場合、読了率に対してのCVRは約3,3%です。

では、読了率を50%・60%に上げることができれば?

そうです。成約率を上げるには、PVを稼ぐだけではないということです。

1日1000PV 1日1000PV
 ⇓
 最後まで読んでくれる人=読了率30%(300人) 最後まで読んでくれる人=読了率50%(500人)
 ⇓  ⇓
 商品リンクをクリック10%(30人)  商品リンクをクリック10%(50人)
購入10%(3人) 購入10%(5人)

本来、成約率とはPV数を分母にして求めるものですが、読了率を分母にしたほうが、ライティングの問題点を浮き彫りできます。

単純にその記事の読了率が20%~30%と低ければ、スクロール率でどの部分でユーザーが離れるのか?、読了率の割には成約率が低いならクロージングが甘いといったように検証しやすいでしょう。

もう一つライティングが重要な理由があります。

それは、ページランクを決めるGoogleのアルゴリズムに大きく影響するからです。

ライティングはランキングを決める直接の要因にはなりえない!

Googleによるコンテンツ内容の良し悪しの判断は、キーワードとそれに関するオーソリティ・h1タグとの関連性や発・被リンクの数などであって、決してライティング技術(文法の正しさや興味の惹く書き方)ではありません。

それから、サイトの方向性によっても、ライティングの重要性は多少変わってきます。

欲している答えがそこにしかないのなら、それがただの情報の羅列であっても最後まで読みます。

逆に、トレンド記事のようにユーザーにとって必要性の少ない情報サイトなら、読まれる書き方には特に気を遣うべきでしょう。

どちらにしても、ライティング技術が直接ランキングに及ぼす影響は極々僅かです。

最初に言った通り、興味を惹く書き方というのはランキングを決める要因ではありませんし、読まれる記事の特徴でもある直帰率の低さ・滞在時間の長さも要因には含まれていません。

これは、Googleからの明言・発言からも明らかです。

「クリック率や直帰率、離脱率などのユーザーの行動はアルゴリズムを評価する目的で使用しており、ランキングには影響しない」

それでも、ライティングが重要視されるのは、間接的にはランキング要因に与える影響が大きいからです。

ライティングの間接的な影響

ライティングにこれといった答えはありませんが、ユーザーの要望をすべて満たす記事を書けたとして、それによって得られるリターンは次のものが考えられます。

  1. その記事を紹介してくれる(被リンクの獲得)
  2. 何度もアクセスしてくれる(リピートトラフィック)
  3. サイト内の回遊(サイト全体のアクセスアップ)
  4. 商品購入・サービス利用

ユーザーに良質なコンテンツだと印象付けることができれば、ランキングを決めるアルゴリズムの要因である行動を起こしてくれます。

webライティングで1番重要なこと

ライティングの重要性が分かったところで、次は、読者に読んでもらうために必要な要素について話します。

読み進める前に、頭に置いておいて欲しいのは、コンテンツ内容に100のプラス要素があっても、たった1つのマイナス要素のほうが読者に与える影響は大きいということです。

ストーリー仕立てに書こうが、感情豊かに書こうが、ほんのちょっとでもストレスを感じれば、読者はすぐにページを閉じます。

webライティングで最も重要なのは

どうすれば読んでもらえるのか?ではなく、どうすれば読者がストレスを感じないかを考えて書くことです

そのストレスを限りなくゼロに近づけるのがライティング技術ということになります。

そのことを常に意識して執筆してください。

始めに構成を考える!

記事を書く前に、まずは構成を決めます。

構成を決めずに、なんとなく記事を書き始めてしまい、内容が広がりすぎたり、伝える順番が前後するといった不具合が起こしたり、挙句の果てに、書き終わった後の校正も、記事全部を見直さなければならないなんてことはだれしも経験したことがあるはず。

いきなり記事に手を付けたくなるのも分かりますが、そうならない為にも、ここはグッと堪えて、先に構成を決めましょう。

文章構成の基本

 

webライティングの記事構成を上の図のように、3つのパートに分けます。

  1. top(読者の興味を惹く・期待値を上げる)
  2. body(それが真実か・有能なのか読者から信頼を得るパート)
  3. end(読者の行動を決定するパート)

何故、この記事構成が有効なのか?

それは、この記事構成がインターネットを利用する読者の行動原理によって作られたものだからです。

トップパートで読者になるべく情報を与える!

まず、文章構成の基本である「起承転結」の4段構成が、webライティングには向いていないということは知っておいてください。

「ネット記事は最後まで読まない」読者が多いというデータがある以上、結論を最後に持ってくるのはナンセンスです。

では、結論はどこに持ってくるのか?

それはトップ(冒頭部分)です。

webライティングにおける結論というのは、この記事にはどんなことが書いてあり、読むことによって何が得られるのか?ということで、この記事でいえば、「読んでもらえる記事が書けるようになれば、成約率も時間短縮もできます!」という、読者への未来の提示ということになります。

これをベネフィット=(それによって得られる価値ある未来)と呼びますが、どんな記事を書くにしても、topパートには必ず書いてください。

意外に思うかもしれませんが、記事を読むという行為にも大きなエネルギーが必要です。

そのエネルギーになるのは、他でもない自分の欲求を満たせるかもしれないという期待感です。

だからこそトップ(冒頭部分)で、読者に対して「この記事を読めばこんな欲求を満たすことができます!」と示す必要があります。

次に、読者が記事内の目的の情報に、簡単に辿り着けるように目次を設置します。

読者にとって、記事全てが必要な情報ではないし、スクロールしなければ必要な部分を探せないというのは、読者にとっては余計なストレスです。

トップには、「どんなことが書いてあり、何が得られるのか」「そこにたどり着くまでの目次」と、なるべく多くの情報を与えて、読者のユーザビリティを上げる工夫をした方が良いでしょう。

ボディは読者がストレスを感じない文章を!

ボディに書くべき内容は、結論に至るまでのプロセスです。

  • 何故・どうすればそうなるのか?
  • 信頼性・優位性の証明

この部分は詳しい情報を詰め込む必要があるので、どうしても文章が長くなり、その長さ故に、読者が最もストレスを感じやすい部分でもあります。

では、そのストレスの要因とは何か?

  • スクロールせずに目に入る文量の多さ
  • 専門用語の多用
  • あまりにも多すぎる選択肢

他にも、「句読点が少ない」「段落が少ない」などがありますが、これらの要因を1つ1つ排除していきましょう。

読者の目に入る文量

これは、読者の第一印象を決める大事なポイントです。

視覚に入る文量が多いと、読者は「読むのがめんどくさい」「分かり難そう」という印象を持ってしまいます。

スクロールせずに見える文字数は300文字程度、各段落の行数は、多くても3行までにしてください。

それから、「。」を打った後は、そのまま繋げずに改行して、文章の始まりを左端に揃えると、見栄えが良くなります。

専門用語の多用

つい忘れがちになるのは専門用語の多用です。

記事を書いている自分は知っていても、相手が知っているとは限りませんし、知らない用語は読者にとっては間違いなくストレスになります。

ただ、専門用語が少ないと素人臭さが出てしまうこともあるので、ターゲットにしている読者が、どの程度の知識を持っているかを予測して書くようにしましょう。

多すぎる選択肢

ボディ部分には、コンテンツによって内容は違いますが、比較・有効性の証明・ノウハウなど、多くの情報を書くことになります。

ここで注意すべきは、読者にあまり多くの選択肢を与えないようにすることです。

例えば、「富士山の見えるおすすめキャンプ場100選!」という記事があるとします。

恐らく、ほとんどの人が探しているうちにめんどくさくなるでしょう。

一見、多くの情報が載ってるので、助かるようにも思えますが、多すぎる選択肢はかえって読者の選択を困難にします。

これを選択のパラドックスと言います。

与えられる選択肢が多いほど、人は自由で幸福になれるというのが一般的な定説でしたが、心理学者バリー・シュワルツ氏はそれとは逆の考えを唱えています。

これについては、logmi(ログミー)の記事に、とても分かり易く解説されているので、詳しいことが知りたい方は覗いてみてください。

ここでは、選択肢の多さが人に与える影響についての実験結果のみ載せます。

「ジャムの法則」は、アイエンガー教授が、ドレーガーズという高級スーパーマーケットを舞台に、1995年に行った実験で、「豊富な選択肢は売り上げをあげる」というお店の方針を実証しようとするものでした。

ところが、結果は逆、24種類のジャムを売り場に並べたときと、6種類のジャムを売り場に並べたときでは、前者は、後者の売り上げの10分の1しかなかったのです。

この実験は、お客のジャムが欲しいという欲求が、選ぶことの困難さに負けてしまった証明ですが、逆に言えば、与える選択肢を減らすだけで、そのストレスを排除できるということでもあります。

先程も言いましたが、コンテンツ内容に100のプラス要素があっても、たった1つのマイナス要素のほうが読者に与える影響は大きいです。

記事を書いてみて、読者が選ぶのをめんどくさく感じそうだなと思ったら、思い切って減らしてみてください。

情報の重要度に、優先順位をつけてあげるのも1つの手です。

endパートでは記事の概略を!

endパートは、記事のまとめを書くようにします。

読者は、endパートまでの文章が長ければ長いほど、最初の記憶が薄れています。

まずは、ここまで読んでくれた読者に対して、箇条書きで十分なので、記憶喚起を促すために、記事の概略を提供します。

それと合わせて、読者にもう一度未来を想像してもらえるように、ベネフィットの提供をしますが、ここでは、topパートとは違うベネフィット良いです。

topパートとは違う未来を想像させることで、こんなことにもなるんだと思わせたほうが効率がいいでしょう。

この部分も、あまり長い文章ではなく、読者の感情を高ぶらせたまま、次のCTA(コール・トゥ・アクション)、クロージングにつなげられるようなフレーズにします。

アフィリエイト記事の書き方!

ここまでは、どんな記事にも使えるテクニカルなものが中心でしたが、ここからは、商品・サービス紹介、いわゆるアフィリエイト記事の書き方について解説していきます。

アフィリエイト記事というのは、最終的に商品・サービスを読者に利用してもらうことを目標にしているので、言い換えればセールスレターということになります。

大前提として、人はよっぽどの理由が無い限り、その商品・サービスが無くても困りません。

それでも人が物を買うのは、

今の自分よりも良くなっている未来の自分への期待からです。

人に何かを買ってもらうには、その期待値を最大まで引き上げ、かつ、その期待を裏切らないことを証明する必要があります。

家電量販店やデパートに体験コーナー・試着室があるのも、お客にどんな未来があるのか、実際に体験してもらい、期待値通り、若しくはそれ以上の価値があることを証明できるからです。

それを文章のみでやるというのも、なかなか至難の業ですが、やってやれないことはありません。

TOPでは読者に未来を想像させる!

TOPパートでは、読者に未来の自分を想像してもらい、その期待値を最大まで引き上げます。

購入して得られる未来の価値のことをベネフィットといいますが、それを提供するために必要な要素は2つです。

  • 商品がターゲットにしている人の欲求の掘り下げ
  • 欲求の意識化

読者の欲求の意識化

人間というのは、自分の現状を認識しないままでは、未来を想像しにくいものです。

記事に辿り着いたほとんどの読者は、なんとなく記事タイトルが目に留まった程度であり、自分の欲求を明確に意識していないので、まずは、自分の欲求を意識させる必要があります。

例えば、

朝早く起きたくないと思っていた女性にとっては「このファンデーションを使えば下地はいらない!」より、「ギリギリまで寝ていたいあなたに!下地のいらないファンデーション!」のほうが、スムーズに自分と重ねることができるでしょう。

「これって自分のことだ!」と読者に共感してもらうのが、1番手っ取り早く意識してもらえます。

これが、欲求の意識化であり、その欲求まで掘り下げるために必要なのが、ターゲットの明確化です。

商品がターゲットにしている人の欲求

アフィリエイトが、出来上がっている商品を紹介する以上、その商品がターゲットにしている人達は必ず存在します。

企業は、「性別」「年代」「どんなニーズがあるのか?」などを細かくマーケティングして、商品開発を行っているはずだからです。

あなたが行うのは、そのターゲットが誰なのか・その人達のどんな欲求を満たせるのかを調べることです。

商品のメリット・特色がどんな欲求を満たせるかを書き出したマインドマップ。

企業の商品紹介欄には、ある程度、どんな人に向けた商品なのかは書いているはずですが、もし無くても、メリット・特色から掘り下げることは可能です。

後は、欲求に沿ったアプローチをしていくだけです。参考までに…

bodyでは信用を!

bodyパートでは、期待を裏切らないことを証明します。

他との優劣性の比較証明や根拠の提示など色々ありますが、一番効果的なのは体験です。

人が物を買う心理としてよく使われる言葉に、「人は物を買うのではなく信用を買う」というのがあります。

読者にとって、自分が実際に使うことができない以上、次に信用できるのは、使ったことがある人の体験談であり、これが無ければ信用は得られないと言っても過言ではありません。

お客がお金を払う一番の理由が、その商品で得られる未来である以上、他の人にどんな未来が訪れたのかを証明するのが1番手っ取り早いでしょう。

自分の体験談だけでもいいので、なるべく入れるようにしてください。

ENDパートで相手を興奮状態に!

ここで、人が物を購入する時の心理状態について話しておきます。

「人間は感情で物を買う」と良く言われますが、厳密にいえば、興奮し冷静に考えられない心理状態で半ば反射的に買うということです。

人は、欲しいと思った瞬間と、購入できるまでの道のりが長いほど冷静になり、他の選択肢を選んだ自分を想像してしまいます。

あるスーパーで、同じ商品を、レジ近くに置いた時と遠い場所に置いた時で、購入率を比較した結果、レジ近くに置いた方が購入率が上がったという実験結果があります。

これは、欲しいと思って商品を手に取ったけど、レジに行くまでに冷静になり、必要ないことに気付いたということです。

この購入者の心理を踏まえた、ENDパートの構成が次の通りです。

  • 新たなベネフィットの提供
  • クロージング
  • CTA

新たなベネフィットの提示

テクニカルの部分でも言いましたが、読者は、読み進めるうちに最初の印象が薄れていくので、ここでもう1度未来を想像してもらい、興奮状態にします。

ここでは、既視感を与えないように、トップ部分とは違う未来を提供してあげてください。

冷静になる暇を与えないためにも、文章はあまり長くならないようにし、素早くクロージングに繋げます。

クロージング

クロージングというのは、契約を結ぶ段階のこと。

営業でいえば、相手に「はい。契約を結びます。」と言わせるためのテクニックですが、webライティングでは、主に、購入を決断させるテクニックがクロージングということになります。

この時点で初めて、値段・コストの提示をしますが、読者にとって、支払うという行為は間違いなくストレスなるので、それを回避しつつ、お得だと思ってもらうように提示します。

例えば、○○%OFF・何ヶ月無料というのが代表的なものですが、他にも、値段の前に「たったの○○円」をつけたり、「同性能の商品に比べて」というような提示の仕方もあります。

コツとしては、なるべく無料という言葉を入れるということ、それから、希少であることを伝える(今買うのがベストだと思わせる)ことです。

人というのは不思議なもので、無料という言葉が視覚に入るだけで、タダで何かを得ることができると無意識下で感じ取ります。

送料無料、無料体験があるなど、商品と直接関係なくてもいいので使ってください。

希少性については、限定生産やキャンペーンがあればそのまま伝えればいいですが、そうでない場合は、商品の特色・メリットから引き出します。

「手作りなのであまり多くは生産できないかもしれませんね」「今から使えば夏までに綺麗になれる」など、少し文面を変えるだけで、希少性を示すことができます。

CTA

CTAとは、call to action(コールトゥアクション)の略で、相手の行動を誘導するための文章・画像(SNSのシェアボタンや購入リンクボタン)のことです。

ボタンの文面は、50%OFFのアイテムも!や、今だけのキャンペーン!詳しくはコチラなど、思わず押してしまう文章を考えましょう。

ASPによっては、リンクのデザインを変えられない場合もあるので、こちらは臨機応変に対応してください。

ライティングのまとめ

ライティングは、とにかく読者がストレスを感じないように書く!これに尽きます。

  • 読者の目に入る文量が多くないようにする
  • 文の始まりを左に統一
  • 情報量の多さによる選択の困難の回避(情報の削除・若しくは選択基準に優先順位をつける)
  • 専門用語の多用と読者レベルのバランス
  • 読者が情報の取捨選択がしやすいように目次の設置

もう一つは、読むためのエネルギーである、ベネフィットの提供。

この2つのことを意識するだけで、あなたの記事は変わります。

最初に言ったように、PV数を上げなくても、最後まで読んでくれる人を増やすことで、成約率は上がります。

読んでくれる人が増えたことを実感できれば、今まで辛かった執筆作業もきっと楽しくなります。

より良いweb生活が送れるように、相手に寄り添うライティングを忘れないようにしましょう。