hタグでユーザビリティ向上とSEO効果を得るための正しい使い方

SEO

 

hタグのSEOに及ぼす影響についていろいろと情報が飛び交っていますが、実際のところはどうなのか?

結論から言うと、直接SEOに影響することはほとんどないということ。

ただ、hタグは上手に使えば、ユーザビリティ向上だけでなく、間接的にはSEO効果にも繋がります。

一体どういうことなのか?

hタグについて、Google側からのコメントも併せて、重要度・使い方などを詳しく解説していきます。

目次

hタグとは?

hタグとは見出しのこと。h1~h6のタグがあり、普通は記事の大見出しにh1タグが、それ以降のhタグは、文章構成を階層化するために使うのが一般的です。

 

「titleタグ」と「h1タグ」の違い

ここで一つ注意してもらいたいのは、「titleタグ」と「h1タグ」は違うということ。

「titleタグ」は検索結果に表示されるもので、h1タグは、アクセスしたサイト上に表示されるもの。この2つは、SEOキーワードは同じものを使ったほうがいいですが、完全一致していなくても、SEO的には問題ありません。

 

hタグがユーザーに与える効果

ユーザーに、気持ちよく読んでもらうためには、見出しタグは使うべきでしょう。参考までに、見出しの有無でどのくらい印象が違うのか、確かめてください。

どうでしょうか?

同じ文章でも、タグを使ったほうが、読み手には分かり易く、フォーカスポイントも選択しやすいです。ユーザーにとって、必ずしも、記事全部が必要な情報とは限らず、取捨選択しやすくしてあげるのも大切なことです。

 

 h1タグにSEO効果はあるのか?

見出しタグは、ユーザビリティを挙げるだけでなく、SEOにも間接的ですが効果があります。

googleのクローラーは、コンテンツの内容を判断するために、hタグに含まれるキーワードを判断材料の1つにしており、特にh1タグは、一番重要視されるので、コンテンツ内容を簡潔にまとめたキーワードを入れましょう。

留意点として、h1タグは、あくまで、コンテンツ内容を把握するために重要視されるのであって、SEOに直接効果があるわけじゃありません

というのも、過去にh1タグを乱用して、SEO効果を高めるという方法が蔓延したため、googleは、h1タグのSEOに与える影響を少なくする対策を施したからです。

それから、googleのジョン・ミュラー氏は、Google Webmaster office-hours hangout内で、h1タグについて、このように述べています。

ユーザーが、「h1タグの有無で、どんな違いが出るのですか?」とGoogleのジョン・ミュラー氏に質問をし、その回答として「HTMLにH1タグがあると、ページの構造つまりページにあるその他のテキストとの違いを理解するのに、少しだけだが役立つ。それから、H1タグがない場合よりもあった方が検索で使われることもあるから、使った方がいいでしょう。」

SEOマスターより

以上のことから、h1タグのSEO効果は、

  • 「titleタグ」に含まれるキーワードを使用することによって、記事との関連性を強めること
  • 文章構成を分かり易くして、ユーザビリティを向上させること

によって、結果的にSEOに繋がるということ。

googleの10の事実という中に、「 ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」という言葉があります。

h1タグの、直接的なSEO効果はあまり期待できないかもしれませんが、ユーザビリティ向上は、リピーター・ページ滞在時間・被リンクに大きく関わってくるので、h1タグは勿論、他のhタグも使うようにしましょう。

 

 hタグの使い方

最初に述べたように、hタグは、コンテンツ内容を階層的に見せるために使うので、上の図のように、なるべく順番は守って使用した方がいいです。

なるべくといったのは、h1タグ以外のhタグが、そこまでSEOに影響しないというのが、大方の見方であり、googleのジョン・ミュラー氏も、hタグのSEO効果ついてコメントを残しています。

見出しタグはコンテンツの文脈を理解するのに少しだけ手助けになる。
だが特効薬となるようなものではない。

なので、見出しを正しく使っていないからといって、「これは問題だ。アルゴリズムで順位を下げよう」と私たちは判断したりはしない。

見出しタグは、構造を理解する役に立つが、決定的に重要だと言えるものでもない。

そういった観点からすると、意味的な視点から見てh2の下にh3を置くことに意味があると考えるなら、そのようにコンテンツを構成すればいい。もちろん、そうすればいい。

でももしサイト全体のデザインをやり直ししなければならないなら、おそらくもっと力を注ぐべき重要なことがほかにあるだろう。

hタグは、あくまでユーザビリティを上げるために使うというのが正解で、出来上がったコンテンツを、手直しするほどの必要性はないということです。

 

h1タグは記事に複数使っても問題ない?

h1タグを、複数使うことはあまりないかもしれませんが、このことについても、ジョン・ミュラー氏がコメントしているので、紹介します。

複数にh1タグの使用はどんな影響がありますか?

影響はないだろう。

複数のh1タグがあった場合にどうなるかといえば、どれが本当に主となる見出しなのか私たちにはわからなくなる。ある意味、主見出しの価値が薄まってしまう。
だが、何か間違ったことをやっていると私たちが判断するような事態ではない。完全に無視する。

4、5語の見出しを2段落くらいの長さの見出しに拡大するようなものだ。長くした見出し内にあるコンテンツをすべてを、短い見出しと同じように扱うことは当然できない。

 

 hタグの総評

hタグは、直接的にSEO効果が得られるわけではなく、ユーザビリティ向上の延長線上でSEO効果が得られるという意識で考えたほうがいいでしょう。

  • h1タグには、titleタグのSEOキーワードを含ませ、コンテンツ内容を簡潔にまとめたテキスト
  • それ以降のhタグは、記事の階層を意識して、なるべく順番通りに使う。

これらの点に気を付けておけば、それ程hタグにこだわらなくてもいいのでは、というのが正直な見解で、googleのジョン・ミュラー氏が言うように、それならば他の部分に注力したほうが費用対効果はずっと高いのではないでしょうか。

最低限の対策を講じているのなら、次に行きましょう!

SEO

Posted by writer